【麺屋豚道場 ぶた壱】限定 濃厚油そば 味の感想・食レポ

富山のラーメン

こんにちは! テクノです。

今回は9/14から2週間限定で【麺屋豚道場 ぶた壱】から提供されている「濃厚油そば」を紹介していきます。

【麺屋豚道場 ぶた壱】は、名前でもわかる通り富山県でも屈指の人気を誇る二郎系ラーメンを提供しているお店【麺屋豚道場】の2号店です。

本店の【麺屋豚道場】ではまぜそばがメインで提供されていますが、こちらの【麺屋豚道場 ぶた壱】ではラーメンがメインとして提供されています。

富山県では油そばを常設メニューとして提供しているお店があまりないため、今回の限定メニュー・濃厚油そばの販売開始の知らせはとても心躍るものでした。

麺屋豚道場 ぶた壱】の本店でもある【麺屋豚道場】からも油そばは限定メニューとして提供されることがあるので、本店のものとはどう違うのか、という点も含めて紹介していきたいと思います!

チェックポイント

・【麺屋豚道場 ぶた壱】の営業時間は?どこにあるの?

・本店の限定メニュー「濃厚油そば」とはどう違うの?

・濃厚油そばの見た目や味は?

本店の【麺屋豚道場】から提供されている9月限定イタリアンまぜそばも大変おいしい一杯となっていたので、こちらもおすすめです!

麺屋豚道場 ぶた壱の場所や営業時間は?

【麺屋豚道場 ぶた壱】は「 富山県富山市新庄町3丁目5−22」にあります。

国道41号線沿いにあり、黄色と黒の看板が存在感を放っているお店です。

支払い方法は、現金か富山県独自のGo to eatキャンペーン券の利用が可能です。

営業時間は富山県の「ステージ3」の適用により

昼の部 11時〜15時(L.O14時45分)

夜の部 18時〜20時(L.O19時45分)

という時短営業になっています。

席ごとに仕切りが設置されており、カウンター席の数も削られています。

ウーバーイーツの利用も可能なので、圏内の方は外出せずに食べられるこちらのサービスを積極的に利用するのもいいですね!

お店には駐車場も完備されているため車での来店もしやすいのがありがたいです。

麺屋豚道場 ぶた壱「濃厚油そば」の見た目・味の感想

汁なし・小ラーメン・辛い小ラーメンが常設メニューとして提供されていますが、今回は限定メニューの濃厚油そばが目的だったので、限定を注文します。

券売機には「生卵・ラー油はつきません」の看板が掲示されています。

この辺で本店との差別化を図っているのだと思われます。

こちらが【麺屋豚道場】から提供されていた生卵とラー油が付属した濃厚油そばになります。

こちらも大変おいしい一杯となっていたのでまた限定として提供された際は来店したいと思います。

こちらが今回注文した【麺屋豚道場 ぶた壱】の濃厚油そばになります。

今回のお好みは

ニンニク・アブラマシマシ・カラメ

追加トッピングとして玉ねぎを注文しました。

濃厚油そばの値段は950円、玉ねぎトッピングは50円で合計1000円となりました。

半端なお釣りが嫌な方は50円トッピングを一緒に注文することをおすすめします。

もともとのトッピングとして大きくカットされた海苔とネギ、そして見ただけではわからなかったんですが、チーズが中に隠されていることに驚かされました。

着丼しただけではどこが濃厚…?と思ったのですが丼を底からかき混ぜてあげることによってその真価を発揮する一杯となっていました。

他のお店ではすることはあまりないですが、天地返しは大事な技です。

しっかりとかき混ぜてあげましょう!

タレは底に沈んでいたチーズのおかげもあってか甘さを感じたのが印象的でした。

また、魚粉も混ぜられているためか、啜るごとに魚系の香ばしい香りが広がるため最後まで美味しく食べられる一杯でした。

豚も相変わらずの極厚ぶりでありながらやわらかくなっており、麺の合間にかじるとその美味しさに食べるのを止められない程です。

味変用に配置されているがあるので、濃厚さに飽きてきた方は酢をかけることによってさっぱり感が演出されるのでおすすめです!

今日も美味しかったです。

ごちそうさまでした。

麺屋豚道場 ぶた壱「濃厚油そば」まとめ

今回は【麺屋豚道場 ぶた壱】の限定メニュー濃厚油そばを紹介しました。

本店の【麺屋豚道場】の限定メニューイタリアンまぜそば同様、大変レベルの高いメニューとなっていました。

本店の濃厚油そばには生卵とラー油がついていましたが、【麺屋豚道場 ぶた壱】ではチーズで濃厚さを演出している、というところに驚かされました。

両店舗とも限定メニューに力を入れているので、楽しみが尽きないお店です!

今回の濃厚油そばは9/14から2週間ほどの提供となっているので、気になる方はお早めの来店をおすすめします!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました