電子レンジであたためるだけ!簡単・失敗なし 麻婆豆腐のレシピ

料理

こんにちは!テクノです。

今回は電子レンジでチンするだけで麻婆豆腐が作れるレシピを紹介していきます!

材料と調味料を耐熱容器に入れて混ぜ、電子レンジでチンするだけで簡単に作ることが出来る再現性が高く、とてもおいしい麻婆豆腐のレシピです!

このレシピは東京都調布市に【料理うまいBar COCOCORO】というお店を構え、料理系youtuberとしても活躍されている「大西哲也さん」が開発された電子レンジオンリーの麻婆豆腐レシピを参考に、動画内で紹介されていた調味料に変更して、より「それっぽい」麻婆豆腐にしてみたものです。

元動画はこちら

【困惑】プロとしてどうかと思うけど、レンジで作った麻婆豆腐があまりにおいしくて…。レンジ調理に最適な新アイテムも。テレビでも紹介。【中華】【マーボー】【ZipTop】【SDGs】Vol.234
引用:COCOCOROチャンネル

このレシピは

チェックポイント

・麻婆豆腐が大好き!

・失敗なく簡単においしい麻婆豆腐を作りたい!

という人におすすめです。

皆さん麻婆豆腐は好きですか?

僕は大好きです。

混ぜてチンするだけなので材料さえ揃っていれば失敗することもなく簡単に作れます

電子レンジを活用して美味しい麻婆豆腐を作って楽しみましょう!

電子レンジ麻婆豆腐:材料紹介

今回使う材料はこちらになります。

材料:A軍

・牛ひき肉 150g

・にんにくのみじん切り 10g

生姜のみじん切り 10g (5g)

・濃口醤油 30ml

紹興酒 30ml (酒30ml)

豆鼓 10g (本編にはなし)

・豆板醤 10g

甜麺醤 10g (味噌20g 砂糖10g)

・輪切り唐辛子 小さじ1

ここまでが1度目の加熱でいれる材料です。

材料:B軍

木綿豆腐 300g (400g)

2回目の加熱でいれるのは木綿豆腐のみ!

材料:C

・水溶き片栗粉 「片栗粉大さじ1/2 水大さじ1」

・ねぎのみじん切り 40g

最後の加熱でいれる材料です。

写真内にはありませんが

・ラー油 大さじ1

・ホアジャオ 少々

も入れていきます。

ラー油は、市販品の場合辛みが強いので少なめに。

自家製ラー油は簡単に作れるので挑戦してみてもいいかもしれないです。

材料表のアンダーラインを引いたものが今回、動画内のものから変更した材料になります。

濃口醤油と豆板醤は材料通り作りましたが

・濃口醤油→中国たまり醤油

・豆板醤→ピーシェン豆板醤と豆板醤を半分づつ

に変更することにより、更に「それっぽい」味になるとのことです。

ピーシェン豆板醤と中国たまり醤油はスーパーではあまり見かけず、普段から使う機会も少ないということから今回は動画内のままの材料で作ることとしました。

ちなみに生姜の分量が多いのは僕のミスです。

10gいれるとかなり生姜の香りが目立つので、5gを守ることを推奨します。

牛ひき肉は細切れ肉を包丁で叩くことによりミンチにしました。

今回使用した牛肉がこちら。

ふるさと納税の返礼品で頂いた和牛です。

みんな、ふるさと納税活用しましょう…!!

電子レンジ麻婆豆腐:作り方

工程①:電子レンジ加熱

使用する耐熱容器に材料:A軍(ひき肉、にんにく、生姜、醤油、紹興酒、豆板醤、甜麺醤、豆鼓、唐辛子)を入れて

しっかりと混ぜていきます。

混ぜ終わったら電子レンジで加熱していきます。

今回は耐熱ボウルを使っていくのでラップをする際は全部閉めないように

油が多く含まれる料理なので、耐熱温度を超える可能性もあるためジップロックコンテナでの調理は避けたほうがいいです

この工程ではザージャンを作っていきます。ザージャンは中華肉味噌のことです。

この工程でのポイントは

チェックポイント

・牛肉と一緒に「にんにく、生姜、豆板醤類」を加熱して香りと味を引き出していく!

加熱する時間は「600W 4分30秒」  500Wなら4分50秒   700Wは4分

加熱している間に豆腐やねぎなど材料の準備をしたり、片付けたりも出来ます。

電子レンジ調理すごい

最初の加熱で出来上がったザージャンがこちらです。

この時点でまじでうまいです。これだけでも白米消えます。

工程②:電子レンジ加熱

2回目の加熱では豆腐を加えて、優しく混ぜてから加熱していきます。

ここでのポイントは

チェックポイント

・豆腐は水切りはせずにカットしたままの豆腐を加えていく!

・電子レンジ加熱することにより水切りされ、その水をスープとして利用する!

豆腐から出てきた水にはうま味が含まれており、それを活用する。

そのため、今回のレシピでは水を使用していません。

大西シェフがこの工程を熱く語っていたため、動画を視聴してその気持ちを知っていただきたいです。

2回目の加熱は「600W 8分」  500Wなら9分   700Wは7分30秒

この加熱では豆腐の水を切り、そして味を染みさせていきます。

工程③:電子レンジ加熱

最後にみじん切りにしたねぎとラー油、水溶き片栗粉を加えていきます。

水溶き片栗粉を加えるときは3回くらいに分けて加えてダマになるのを防ぎます。

ここで最後の加熱をします。

この加熱は

チェックポイント

水溶き片栗粉を加えてから加熱することによりとろみを安定させる

加熱しないと片栗粉がゆるくなるため、それを防ぐための加熱です。

3回目の加熱時間は「600W 1分30秒」  500Wなら1分50秒   700Wは1分10秒

出来上がったのがこちらになります。

完 全 に 麻 婆 豆 腐 

麻婆豆腐にホアジャオを砕いてパラパラしたら完成です。飾りに万能ねぎを載せたらキレイです!

電子レンジ麻婆豆腐を食べてみて

麻婆豆腐を一緒に食べるものといえばもちろん白米です。

今回、初めて麻婆豆腐を作りましたが正直めちゃくちゃ美味しかったです。

家で作れる麻婆豆腐では頂点に立てるのでは?と思いました。

電子レンジで作ったとは思えないようなクオリティです。

調味料を甜麺醤や豆鼓、紹興酒に変更したことでより中華っぽい味になったのが決め手でした。

麻婆豆腐が好きな人は気に入る味だと思います。

調理時間は材料を切ったり、初めてつくるということで加熱時間を確認したりしながら作業していたので、1時間ほどかかりましたがとても満足のいく麻婆豆腐が仕上がりました。

まとめ

一人暮らしをするようになってから自炊を楽しむようになったのですが、料理をするときは大西シェフのレシピを参考にすることがとても多いです。

大西シェフのレシピは少し手間がかかるものや材料に「ん?」と思うようなものを用意しなくてはいけない時もありますが、レシピ通りに作った時にその手間を納得させられる味に仕上がります。

料理をする楽しさを知ったのもシェフのレシピに出会ったからです。

電子レンジ麻婆豆腐の動画を参考にし、今回初めて麻婆豆腐を作ったのですが、電子レンジで作ったとは思えない味に仕上がり感動しました。

今は気軽に飲食店へご飯を食べに行きにくい世の中になり、大好きな麻婆豆腐を食べる機会もかなり減っていたため今回のレシピには感謝しています。

今回の麻婆豆腐の作り方は、電子レンジで3回の工程に分けて加熱を行っていくため時間はかかってしまいますが、味は間違いなく美味しいものでした!

鍋に材料を入れて炒めていくのではなく、電子レンジで加熱を行うため手が空く時間も多くあります

その空いた時間を活用し次の食材を用意したり、使い終わった食器を片付けたりすることによって時間を無駄にすることもなくなります

作り方も材料を耐熱容器に入れて混ぜ、電子レンジで加熱するだけと簡単なため失敗がありません

みなさんもこのレシピに挑戦して麻婆豆腐を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました